August 29, 2005

ぼく黄昏れ

カモメ













ふと、モーコに、
「この写真にタイトルつけるとしたら、
なにかな??」と、聞いてみたら、

「ぼく黄昏れ」
と即答した。

ま、いいか。採用。

ちなみにヒナナは、
「ぼくたち、モメさん」
と答えた。
ぷはは、それでもいいよね...。

あなたならなんて題浮かびますか??この写真。




-------------------------------------------------


飛ぶ鳥はみんな
教えられなくても
行くべき方向を知ってる。
教えられなくても
飛び立つべき時を知ってる。

人間だけが
自分がどっちに進んだらいいか
行くべきか行かざるべきか
行けるか行けないか
あれこれあれこれ
悩むんだよね。

行きたい方向があるのに
あれこれ考えてどこへも行けず
同じ処で延々と煮詰まってたり。

でもそんなふうにどこへも進めずに過ごす時間も、
後で振り返って考えたとき、
人生全体としての大きな流れの中では
きっと無駄にはなってないのかななんて
そんな気がする。






この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/seapink16/30813806
この記事へのコメント
振り向けば秋
と付けたいのですが
どうでしょう。

煮詰まったら美味しい
五目豆というのは、、、
すまん人の真面目な詩を、儂が悪かった
反省するから追い出さんといてくれとすがる風
Posted by 風 at August 29, 2005 22:30
「ぼくたち、左向き隊」

考える時間に無駄はなし...格言になりそう
Posted by うにうに at August 30, 2005 02:26
タイトル・・・
「点呼!」って感じかなぁ〜(笑)。

確かに、鳥たちは行くべき方向も
飛び立つべき時も知っているのかもしれない。
そして、人間にはそれらがない…。

これが、悲しむべきなのかというと、
個人的には喜ぶべきことな気もしますけどね(笑)。
要は、全てを自分で選ぶことができる!
自由を意味するものじゃないかな…と思うから。

人生に無駄なんて山ほどありますよ〜(苦笑)。
でも、不要な時間なんて全くないと思います。
何故なら、無駄というのはもの凄く大事で、
必要なものだと思いますので(笑)。
Posted by Ash at August 30, 2005 05:29
僕なら、つながる想いとか、陸に馳せたキモチとか、錆びてしまっても、とか
その辺でしょうね。(いい加減だなー。
みんなそれぞれ題名一つでも個性がでちゃいますね。
僕はワンパターンですけど(汗

悩むということは高いレベルの思考だとなんかで読んだことありますよ。
つまり、人間は頭脳の発達した生き物なので、悩むんだって事です。
もっともっとバカならば、悩みのない世界に生きられるかも。です。
仮に、何もできなかった事が無駄だとしても、僕はそう思いたくありませんね。
自分の時間に無駄が多かったなんて考えたら悲しいですもの。
Posted by at August 30, 2005 07:38
うーん考えさせられますねー。
本能ではなくて自由意志が人にはある分、
何でもできるすばらしい可能性がある反面、
つらいことや大変なことも受け止めなくてはなりませんよね。
「鳥のように自由に」というのは実は本能に支配された窮屈な世界なのかもしれません。
本能の力もないけど、負けずに自分の意思で飛んで行きたいものです。
Posted by JOO at August 30, 2005 14:50
人生に無駄はなし、でしょうか。
ある経験が全く無関係な状況で役立つということもよくあります。
なので経験って意外とないがしろには出来ないものですよね〜。

タイトル…。
「鉄のチェーンはしっかりしている」
で、どうでしょう(笑。
Posted by アキラ at August 30, 2005 18:58
>>>風さん
振り向けば秋…..おお〜、いいですね〜。
秋と一緒に哀愁がいそうです。

五目豆、最近食べてないなぁ…….。
なんだかとても食べたくなりましたー。
>反省するから追い出さんといてくれとすがる風
男の人にすがられるのは、
なぜか快感だったりして…….(笑)
Posted by Umi at August 30, 2005 19:16
>>>うにうにさん
「ぼくたち、左向き隊」、わーい、なんかかわいい!
それ好きかもですw
>考える時間に無駄はなし
すごいですねぇー、一言で要約してきましたね(笑)
う、やるな、って感じ..。
Posted by Umi at August 30, 2005 19:16
>>>Ashさん
「点呼」とかのとき、必ず遅れちゃってたという
学校時代の悲しい思い出が蘇る……….(汗)

「不要じゃない」って意味で、
「無駄じゃない」って言葉を使っちゃったんですけど
うーん、日本語ってむずかしいー…(笑)
Ashさんの表現の方が何倍も的確ですねー。
まいりましたー(笑)
「間(ま)」の思想とちょっと似てますねー。
なにごとも間がないのを「間抜け」って言いますよね。
一見何の意味もなしてないものの必要性みたいなとこで
ちょっと似てるかなー…なんてことを思いました。
Posted by Umi at August 30, 2005 19:16
>>>戒さん
>つながる想いとか、陸に馳せたキモチとか、錆びてしまっても、
なんかどれも素敵!
いい加減でこんなの思いつけるんなら
コピーライターになれちゃうかも。
特に「錆びてしまっても」っていうの、いいなぁ…。
>仮に、何もできなかった事が無駄だとしても、僕はそう思いたくありませんね。
うんうん、無駄と考えるか、無駄じゃないと考えるかっていう、
その人それぞれですその受け止め方によっても、
出来事の価値ってきっと全然変わってくるのかもなって
そんな気もしますね…………..。
Posted by Umi at August 30, 2005 19:17
>>>JOOさん
>「鳥のように自由に」というのは実は本能に支配された窮屈な世界なのかもしれません。
なるほどぉ、そういう見方ってしたことなかったかも。
「本能」って、よく考えてみたら、わかってるようで
わたしはなんか深い部分で感覚的には
未だちゃんと理解できないでいる気がします。
今あらためてそう思っちゃった。
自分の意志で飛んでいきたい........そうですね、いい言葉ですねぇ…。
Posted by Umi at August 30, 2005 19:17
>>>アキラさん
>ある経験が全く無関係な状況で役立つということもよくあります」
うんうん、ほんとに、そういうことって
ありますよね〜。
人間どこで何が生きてくるか全くわかりません。
経験ってないがしろにできない….ほんとに
そうだと思います。

「鉄のチェーンはしっかりしてる」
チェーン屋さんのコピーとして売り込みにいこうかな(笑)
Posted by Umi at August 30, 2005 19:18
三羽とも見てる方向が違うから
「人生イロイロ 視線もイロイロ」かなぁ。

確かに人間だけがどっちに進んだらいいか
悩みます。
でも、たとえ自分の行きたい方向に行かなかった
としても何処かには向かっています。
それは死に向かっての意味ではありません。
本当は今、向かっている方向が行きたい方向
なのかも知れない。
すみません うまくまとめられません。



Posted by KAZU at August 31, 2005 01:17
>>>KAZUさん
ほんといろんな方向見てる...(笑)
同じ世界にいても、目を向けるものって
みんなそれぞれなんですよね.....。

その時は、行きたい方に行けてないように感じてても、
後になってふりかえってみたとき
ああ、あの時のあれは正しかったんだなーとか、
あれはあれでちゃんとここに向かってたんだなーって
わかる時がある。
あ、ほんとだ、まとめるのむずかしい(笑)

Posted by Umi at August 31, 2005 12:36
これねーずいぶんタイトル考えたんだけど・・・浮かびませんでした 今度は 唸るようなタイトルかんがえまーす(笑)
Posted by tlgltd at September 06, 2005 09:18
>>>tig l t dさん
はぁい。
たのしみにしてます〜。
Posted by Umi at September 07, 2005 15:50