August 17, 2005

夏の夕暮れ時が好き

長者が崎















ここのとこ、夕方の
「行く??行く行く???」
「行く行く行く}
という目会話が常習化してしまい........。
今日も夕陽見に行ってしまった。

っていうか、今日はもう夕方までもたずに
昼過ぎに「行く?行く行く???」が起こり、
早々と家を出て海行って、
で、一泳ぎしちゃった。

泳いだったって、
厳密に言えば、、浮き輪で浮いてただけだけどね。
自慢じゃないけど
泳げませーん、ただの5メートルも.....。

これやると結局夜しごとしなきゃいけなくて
寝る時間なくなるのわかってるんだけど。
それでも行かずにはいられない悲しい性......。

身を削ってまで海に夕陽見に行く女。。
......バカ???
でも夏もあとちょっとだからね...。
なんとかなるでしょ。

場所によって海も夕陽も
全然表情が違う。


で、今日は葉山の長者が崎海岸。
ここは東京湾に沈む夕陽が絶景。


朝日と夕陽、どっちが好き???
わたしはどっちも好きだけど
でもやっぱりだんぜん夕陽にばかり
惹かれてしまう。
なんでなんだろうなぁ。
自分でもわからないんだけどねー....。








  

Posted by seapink16 at 22:38Comments(30)TrackBack(0)clip!

August 15, 2005

大目撃!捕食!!....そして人生の悲哀。

WIND














昨日の海行った時の話です。
ビーチの入り口に公衆トイレがあるんだけど、
そこに行ったら並んでる女の子達が
きゃあきゃあ大騒ぎしていた。

何かなと思ったら、
かなり大きなヘビ
トイレ裏の植え込みみたいなとこで、じいっと固まっている。
青大将らしい。
おおおー、すごい、写真取ってやろ!とか
瞬間的におもった。

そしたらなんと!!次の瞬間.....

へびは目にも止まらない動きで
しゅるるるるっ!!っと動いたと思ったら
一瞬のうちに
50センチ程離れたところにいたハトを
ぐるぐる巻きにしてしまったの。

びっくりしたよぉぉ.......。

ほんと、あまりに思いがけないこって、
自分の目を疑っちゃった。

ヘビはハトをじわじわ締め付けながら、
そのまま状況は降着....。
ハトの痛々しい姿見てたら
写真撮ろうなんて気はしゅるしゅると失せてしまった....。

ギャル達はもう、大騒ぎで、
きゃー、こわーい!!《《o(≧◇≦)o》》
と連発しながら、
見に行ったり引いたりしてる。
コワイって言うなら、なぜ何回も見に行く....???(━_━)ゝ

でもヘビは自分が今日生きるために
自然の摂理に従ってるだけで、
他の誰かが変わりに殺してくれた動物のお肉を
味覚を満足させるために食べたり
残して無駄にしちゃったりしてる人間の方が、
ホントはきっと、一番残酷なんだろうなーなんてことも
ちょっとだけ考えたりした。

一日の糧を無事に得られて
お腹いっぱいで満足して眠れるかもしれないヘビと、
不意に思いがけず、人生の幕を閉じていくハト.....。

なんかすごいドラマを見たような
そんな気分になって、
人生の悲哀のようなものまで感じつつ、
わたしは又、夕陽の落ちかけた浜にもどった。

そして、座って夕陽を見ていたて振り返ったヒナナに、
「お、なんか、いい感じー。
写真撮るから振り向くのやめて、
そのまま背中に哀愁出せ!!]

なんてことを言いながら、
夕陽の写真を撮った。

昨日の写真が、その写真。
ヒナナ、哀愁出せてたかな???
わたしが感じてた人生の悲哀も、
もしかしたら、こもってる???
。。。。。。ないか。








  
Posted by seapink16 at 14:45Comments(24)TrackBack(0)clip!

August 14, 2005

夕焼けを見に行く

夕陽














新宿から逗子まで、湘南ラインって電車が走ってるってコト、
わたしは昨日まで全然知らなかった。

全国的にお盆休みだったりする中
朝からせっせとしごとに精を出し、
3時頃になっておもむろにパタっと仕事を閉じ、
ヒナナの方を見る。

ヒナナと目が合う。

「行く??行っちゃう??」
「行っちゃう、行っちゃう」
という目の会話。
速攻、海に夕焼けを見に行くことに。
気が合う。

逗子駅からバスで15分程乗った
森戸海岸というところは、
夕陽がとてもきれいに見える。

石で出来た桟橋みたいな場所があり
そこでみんな夕焼けをぼーっと見ていたりする。


話の続きは、ゆっくり後日ね。
写真、結構いい雰囲気でしょ??










  
Posted by seapink16 at 22:41Comments(22)TrackBack(0)clip!

野望

ネコ













モーコがおもむろに、言った。

「あたし、カメラマンになろうかなぁ〜」


わたし「カメラマンになって、何撮るの??」


モーコ「......筋肉とか!!( ≧∇≦)ノ



.............

...........ふぅぅーーーーん.....(━_━)ゝ..



筋肉撮るカメラマンねぇ〜。
いろんなこと考えるね〜。


何になってくれてもいいけどね、
自分で納得できるいい人生を生きておくれー。






  
Posted by seapink16 at 13:51Comments(20)TrackBack(0)clip!

August 11, 2005

食べられるモノのキモチ

セミ













今日もヒナナと、ちょろっと夕方の散策に。
ふたりとも迷ってもいい覚悟は万全。

又適当にチャリを走らせていたら,
善福寺公園に出た。
あ、これなら帰りも、
迷わず帰れるじゃん。
というわけで、チャリを置いて、
歩いてぶらぶら公園内を散策。

児童広場の遊具の穴の中をなにげに覗いてみたヒナナ、
そこにセミの抜け殻の大群を発見。
どっかの子供が集めてここに溜めておいたらしい。

なんか並べてみたくてたまらなくなった。

並べることにした。

黙々とセミの抜け殻を並べる女、あやしい〜〜( ̄。 ̄)
とか言いながらも、手伝って並べてくれるヒナナ。

その手は硬く硬直している。
こころなしか震えてる気も....(━_━)

わたしは知っている。
こいつは抜け殻がコワイんだ...。
なのにせっせと震えながら、けなげに並べてくれている。
いいヤツだ....。(┯_┯)

並べおわってみたら、なかなか圧巻、。
いいねぇ、これってアートじゃん。

喜びながらふたりで写真を撮っていたら、
いつの間にか、
やたらめったら蚊に刺されていた。


「なんかすごい刺されてるよー。」

”あ、こいつら今写真撮ってんぜーっ、
無防備ー。チャンスだからみんな来いよー”
なんちゃって、
仲間呼び集めたんだったりしてねー。」

”うげ、まっずー、こいつの血、まずー!!
食いだめチャンスだからしょうがねっかー、
一応飲んどこ。”
”みたいなこと、
もしか思ってたとしたら、腹たたない???」

「あーっ、それって、すっごい腹たつψ(`∇´)ψ!!
どうせ食うんなら”ありがとー、いただきまぁーす。
あー、感謝ー!!ちゅ”(≧ω≦)!”
くらいのことは
言っててほしいよねー。
それならちょっと許せる。

かゆいのであちこちシャリシャリかきながら
ふたりでこんな会話をしていた。

やっぱねぇー、
食われる方のキモチを考えると、
自分たちも何か食べるとき、ちょっとくらいお口に合わなかったとしても
「まっずー!」なんてこと言っちゃいけないよなー...,
ちゃんと感謝していただかなきゃねー....なんてことを
いきなりしみじみ思ってみたり....。

蚊のふり見て我がふり直す親子.....。
って、さっきの蚊ももしかしたら
ちゃんと感謝して飲んでたかもしれないのにねー....。




  
Posted by seapink16 at 17:56Comments(28)TrackBack(1)clip!